マタニティーフォトを撮ってみよう

マタニティーフォトは、赤ちゃんの誕生を待っている幸せな姿を写真に残すことができるため、撮影する人が最近増えています。初めての家族写真にもなり、赤ちゃんが成長した時に写真が手元にあれば、誕生を待ちわびていた思いを伝えることもできるでしょう。

撮影は安定期に入った5ヶ月ぐらいから行うことができますが、5ヶ月時点では人によってはお腹の膨らみがまだ目立たず撮影してもマタニティだとは気付かないケースもあるでしょう。臨月に入ると体調などに関して不安な点が増えてくるので、自分にとって最適な時期を見極めて撮影するようにしましょう。一般的にはお腹が目立ってきて母体の負担がかかり過ぎない8ヶ月ぐらいが良いと言われています。ママと赤ちゃんの健康を優先することが大切で、体調を考え無理のない撮影日程を組むのが安心です。

お腹の中の赤ちゃんと一緒に写真を撮影することは、一生の思い出になります。優しい雰囲気や、明るくハッピーな雰囲気など自由に演出することが可能です。写真スタジオでは、メイクを施してくれた上でプロの人が撮影を行ってくれるので、美しい姿の一枚を残すことができるでしょう。妊娠中は何かと不安になることも多いですが、スタッフが不安を和らげてくれるため、リラックスした雰囲気でマタニティーフォトを撮影することが可能です。